五十肩の原因と関節周囲炎 - 四十肩 大阪 整体

四十肩のツボと治療法。症状の原因と考察

五十肩 関節周囲炎







エクササイズ等で症状を対策する

五十肩と言われている肩の関節周囲炎は、腕が上にあがらなくなるほど肩に痛みが出ます。

はっきりとした原因は不明ですが、中高年に発症することが多く老化によって肩にある筋肉やけん板が炎症を起こし、関節が凝り固まってしまうためと考えられています。

Last Update 

ツボ 症状

急性の関節周囲炎ならば安静を保つことが一番で、痛みがひどいようなら消炎鎮痛剤の服用が必要です。痛みが慢性化してしまった関節周囲炎は関節が硬くなるため、洋服の脱ぎ着や髪の毛をとかす動作など日常生活にも支障がでてしまいます。

肩の痛みが腕や頸部に広がることもあり、箸を使う食事も難しくなってしまった場合には肘をテーブルに上にのせて楽な姿勢をとり、痛い方の手はできるだけ使わないようにしましょう。

冷やすと痛みが増すようで、明け方に激しい痛みで目が覚めてしまうということもあるそうです。就寝時に肩が露出しないように気をつけ、クーラーの温度調節や扇風機の風には注意が必要です。

入浴で肩を温め循環を良くしたり、運動療法を用いることで徐々に五十肩の痛みを緩和していきます。効果的な運動は、1Kgのバーベルを関節周囲炎の痛みのある手に持ち、前後左右に振り子運動を行います。

ある程度肩が動くようになったら、筋力をつける運動もプラスするようにするといいでしょう。



耳鳴りとツボ
耳鳴り対策
耳鳴り難聴
頭痛の原因と治療
背骨の歪みと腰痛
バネ指と腱鞘炎
五十肩と四十肩
エクササイズ


Copyright© 五十肩の原因と関節周囲炎 - 四十肩 大阪 整体. All rights reserved.